平成15年度秋季特別展 『信長と宗教勢力―保護・弾圧そして支配へ―』

平成15年度秋季特別展
『信長と宗教勢力―保護・弾圧そして支配へ―』
2003年10月 A4版 111頁
発行:滋賀県立安土城考古博物館
定価:600円
送料:82円(1冊のみ注文の場合)

この書籍は以下の場所(○印)でもお買い求めいただけます。

安土城考古博物館
滋賀県文化財保護協会
(滋賀県埋蔵文化財センター内)
大垣書店
(フォレオ大津一里山店)
× 喜久屋書店
(イオンモール草津店)

平成15年に開催された特別展の図録。
信長が天下統一の過程の中でキリスト教、寺社勢力とどのように接し、どのような考えを持っていたのか、そして将来的にどのような展望を描いていたのかを文献資料を中心に描き出します。

目次

  • 総論「信長と宗教勢力―保護・弾圧そして支配へ―」
  • プロローグ―創られた信長像―
  • 一、信長と南蛮世界
  • 二、信長と寺社勢力―保護と奉仕と―
  • 三、信長と寺社勢力―敵対と殲滅と―
  • 四、安土宗論と法華宗寺院
  • 五、信長の寺社政策
  • 寄稿論文「安土宗論再見―信長と京都法華宗寺院―」(河内将芳)
  • 列品解説
  • 出品目録
  • 参考文献
カテゴリー: 博物館図録   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。