平成15年度春季特別展 『日継知らす可き王無し―継体大王の出現―』

平成15年度春季特別展
『日継知らす可き王無し―継体大王の出現―』

2003年4月 A4版 102頁
発行:滋賀県立安土城考古博物館
定価:600円
送料:82円(1冊のみ注文の場合)

この書籍は以下の場所(○印)でもお買い求めいただけます。

安土城考古博物館
滋賀県文化財保護協会
(滋賀県埋蔵文化財センター内)
大垣書店
(フォレオ大津一里山店)
× 喜久屋書店
(イオンモール草津店)

平成15年に開催された特別展の図録。
謎の継体大王の姿を、文献・考古資料を使いながら近江を中心に、尾張・越前・筑紫の動向から探っていきます。

目次

  • プロローグ 日継知らす可き王無し
  • 第一章 近淡海国自り、上り坐さ令メ―三尾別業―
    • (一)継体大王の出自と出生地
    • (二)三尾別業
    • (三)鴨稲荷山古墳と三尾君
  • 第二章 振媛の桑梓―三國・坂中井・高向―
    • (一)継体大王と越
    • (二)越前の首長墓
    • (三)加賀・若狭の首長墓と継体
  • 第三章 息長君と近淡海安国造―継体大王と近江―
    • (一)継体大王と坂田
    • (二)継体大王と野洲
    • (コラム)石見型埴輪について
  • 第四章 筑紫君と火君―継体朝成立前夜の九州―
    • (一)継体朝成立前夜の九州
    • (二)筑紫君磐井
    • (三)火君
  • 第五章 目子媛と尾張連草香―断夫山古墳の時代―
    • (一)継体大王の出現と尾張・東国
    • (二)継体を支えた尾張の首長たち
    • (三)継体大王と東国
  • 第六章 孚弟王、意柴沙加宮に在す時―継体大王の登場―
    • (一)継体大王の大和への進出
    • (二)南山城の首長たち
    • (三)石見型埴輪の世界
  • エピローグ 三嶋之藍ノ御陵
  • 本文編
    • 一、日継知らす可き王無し―継体大王の出現―(大橋信弥)
    • 二、近江における古墳時代中後期の円筒埴輪―長浜・息長古墳群を中心にして―(辻川哲朗)
    • 三、継体の擁立と九州の勢力(北村圭弘)
  • 付編
カテゴリー: 博物館図録   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。