シリーズ近江の文化財 005 古代近江の渡来文化

シリーズ近江の文化財 005 古代近江の渡来文化

シリーズ近江の文化財 005
古代近江の渡来文化

公益財団法人滋賀県文化財保護協会
2012年3月 ISSN 2185-3533


近江の古代遺跡には、渡来人や渡来文化の痕跡が色濃く残されている。最近の発掘調査成果と文献資料を材料として、湖国の渡来文化を今一度洗い直してみたい。

  • 第1章 プロローグ―意味の彼方から
    • 渡来文化とは何か
    • 東アジアの情勢と日本
    • 遠賀川系土器
    • 渡来文化の源流
    •   トピック1 韓国金海貝塚と近江系土器
  • 第2章 韓國より渡り来て
    • 近江に華咲く渡来文化
    • 騎馬文化の波及―新開1号墳の渡来系文物
    • あたらしい土器づくり―須恵器・韓式系軟質土器
    • 日韓の製鉄技術
    • 渡来人研究の先駆け
    • 古代のコリアタウン―穴太遺跡
    •   トピック2 金剛寺野古墳群を推理する
    • 住まいの文明化
    • 農耕具に見る渡来文化
    •   トピック3 百済との交わり語る「とっくり」
    • 渡来人の証とは
  • 第3章 エピローグ―渡来文化の広がり
    • 大津宮と渡来人
    • 近江の古代仏教と渡来人
    •   トピック4 近江に眠る渡来人伝承
    • 文字の利用と広がり
    • 瀬田の唐橋(勢多橋)
    • 古代における渡来文化の広がり
カテゴリー: シリーズ 近江の文化財   パーマリンク

コメントは受け付けていません。