シリーズ近江の文化財 006 戦国三武将と近江の城

戦国三武将と近江の城 ―信長・秀吉・家康の琵琶湖戦略―

公益財団法人滋賀県文化財保護協会
2012年3月 ISSN 2185-3533
定価 600円 

織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の城作り戦略から見た戦国時代の近江に迫る。

  • 第1章 近江と戦国武将の城
    • コラム(1) 信長以前の近江の城―佐々木一族の城
  • 第2章 天下布武の城 信長の城
    • 安土城
    • 坂本城
    • 長浜城
    • 大溝城
    • コラム(2) 元亀争乱の城
    • コラム(3) 信長の琵琶湖戦略
  • 第3章 天下統一の城 秀吉の城
    • 八幡山城
    • 佐和山城
    • 大津城
    • 水口岡山城
    • コラム(4) 賤ヶ岳の戦い
    • コラム(5) 関ヶ原の戦いと近江の城
    • コラム(6) 戦国武将と茶
  • 第4章 天下泰平の城 家康の城
    • 彦根城
    • 膳所城
    • 水口城
    • コラム(7) 戦国武将と庭園
    • コラム(8) 城の石垣―城の石垣の見所・楽しみ方
    • コラム(9) お殿様の銅像~駅前の直政公~
カテゴリー: シリーズ 近江の文化財   パーマリンク

コメントは受け付けていません。