佐和山城遺跡現地説明会(2009年7月)配布資料

佐和山城遺跡

 石田三成在城時代(天正18~慶長5年)頃の武家屋敷群(建物柱跡・石組遺構・屋敷地を囲う堀・堀を渡る橋状遺構など)が検出され、陶磁器類・屋根瓦・桐文銅製紐金具などが出土しています。

カテゴリー: 現説資料   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。