土の中から歴史が見える‘17(平成29年度発掘調査成果報告会)の案内

 今年度に、滋賀県内で発掘調査された遺跡の代表的な成果を調査担当者が写真を交えわかりやすく説明します。

チラシはコチラからダウンロードできます。

日時:平成30年3月10日(土) コラボしが21 3階大会議室 9:30 開始(9:00 開場・受付)
事前申し込み不要・無料

内容
【午前】
蜂屋遺跡(栗東市) 公益財団法人滋賀県文化財保護協会
 古墳時代から鎌倉時代初期の集落跡や戦国時代の居館跡を検出しました。奈良時代の「蜂屋廃寺」関連遺物が出土しています。方形に巡る溝の中に縦方向の板材が良好な状態で残存していた。古墳時代の建物跡と考えられます。

◆穴太遺跡( 大津市)大津市教育委員会
 方形に巡る溝の中に縦方向の板材が良好な状態で残存していた。古墳時代の建物跡と考えられます。

◆曼陀羅山古墳群(大津市)大津市教育委員会
 ドーム型を呈していない2 基の円墳を調査しました。在地の豪族の墓と考えられます。 

東山遺跡( 甲賀市) 甲賀市教育委員会
 紫香楽宮または甲賀寺に関連する重要施設と考えられる大型の掘立柱建物を検出しました。

【午後】
貴生川遺跡(甲賀市)甲賀市教育委員会
 鎌倉時代~室町時代の溝で囲まれた方形居館が見つかった。

◆上鈎・下鈎東遺跡(栗東市)
 平安時代の井戸から銅製の円盤が出土しました。埋納ピットの須恵器壺から銅板と稲籾が出土しました。

◆椿山古墳( 栗東市)  公益財団法人栗東市体育協会
 古墳の周濠から国内最大級の笠形の木製品が出土しました。

◆小篠原遺跡( 野洲市) 野洲市教育委員会
 1 町四方の方形区画内部に14~15世紀代の掘立柱建物群を検出しました。

椿谷遺跡(大津市) 公益財団法人滋賀県文化財保護協会
 花崗岩を採集した、大正時代の石切り場が13か所、砂防堰堤1 か所、井戸1 基を確認した。

問い合わせ先:滋賀県埋蔵文化財センター 077-548-9681(平日 8:30~17:00)

カテゴリー: お知らせ, イベント案内   タグ: , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。