平成30年度 期限付埋蔵文化財技師の募集案内(〜7/23)

◆公益財団法人滋賀県文化財保護協会では、これまでの経験や大学で学んだ専門知識や技術を活かし、滋賀県内の埋蔵文
化財の発掘調査業務等に従事していただく方を募集します。

【採 用 日】 平成30年9月1日(土)(勤務は9月3日(月)から)
【採用試験】 平成30年8月4日(土)
【受付期間】 平成30年6月18日(月)から7月23日(月)まで
【問い合わせ先】
〒520-2122 大津市瀬田南大萱町1732-2
公益財団法人滋賀県文化財保護協会 総務企画課
TEL 077-548-9780 FAX 077-543-1525

◆募集要項につきましては下記よりダウンロードできます。
募集要項(PDF370KB)

1.採用予定人員および勤務予定先・職務内容等
【採用職種】 雇用期間付埋蔵文化財技師
【採用予定人員】 若干名
【雇用期間】 平成30年9月1日から平成31年3月31日まで
※ただし、業務状況、勤務成績により更新することがあります。
【勤務予定先】 
公益財団法人滋賀県文化財保護協会事務局および県内調査対象地
滋賀県立安土城考古博物館
滋賀県埋蔵文化財センター
【職務内容】
埋蔵文化財の発掘調査・整理調査、調査報告書の作成および博物館業務に従事します。

2.受験資格
(1) 次のいずれにも該当する方が受験できます。
① 年齢要件はありません。
② 大学または大学院を卒業もしくは修了した方。
③ 大学または大学院において考古学または歴史学もしくは文化財学を専攻した方。または、埋蔵文化財の発掘調査に関する専門的知識等を有する方。
④ 平成30年9月3日から勤務できる方。

(2) 次のいずれかに該当する方は受験できません。
① 成年被後見人または被保佐人(準禁治産者を含む。)
② 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでまたはその執行を受けることがなくなるまでの方。
③ 公務員等として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない方。
④ 日本国憲法施行の日以降において、日本国憲法またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、またはこれに加入した方。

3.試験の日時・場所・内容・発表
(1) 試験の日時
日 時 平成30年8月4日(土) 
受 付 9時00分~9時30分
日程説明 9時30分~9時40分
試 験 9時45分~
(注)受付時間は厳守してください。原則として遅刻は認めません。

(2)試験場所
滋賀県立図書館 (大津市瀬田南大萱町1740—1) 大会議室
JR琵琶湖線「瀬田駅」下車(新快速電車は止まりませんので注意してください)。帝産バスおよび近江バス「滋賀医大」行き約15分「文化ゾーン前」下車徒歩5分。なお、大会議室は図書館玄関の右側の地下階段下にあります。

(3)試験内容
【小論文試験(60分)】 考古学・歴史学・文化財学等に関する専門的テーマによる識見・表現力等についての記述式試験を行います。
【実技試験(60分)】 埋蔵文化財の出土品について実技(実測)を行います。
【口述試験(1人30分程度)】 職務遂行能力、業務に対する適性、専門分野等について個別面接により試験します。
※携行品:実技試験に必要な実測道具および筆記用具、昼食(近隣に食堂等はありません)。使用できる時計は、時計機能だけのものに限ります(携帯電話等の使用はできません)。

(4)発表
8月10日頃に受験者全員に合否を通知します。また、公益財団法人滋賀県文化財保護協会ホームページに合格者の受験番号を掲示するほか、滋賀県埋蔵文化財センター1階ロビーに掲示します。なお、合格者の辞退等により採用予定員に欠員が生じた場合に限り、成績順に繰上げ合格を決定します。

4.試験結果の開示
 この試験結果については、「公益財団法人滋賀県文化財保護協会情報公開規程」第5条の規定により、所定の書面で開示請求をすることができます。
 なお、電話、はがき等による請求では開示できませんので、受験者本人であることを明らかにする書類(学生証、運転免許、旅券等の顔写真付きで公的機関発行のものに限る。)を持参の上、受験者本人が直接請求してください。
【試験区分】 雇用期間付埋蔵文化財技師採用試験
【請求できる者】不合格者
【開示内容】総合得点および総合順位
【開示期間】合格発表の日から1か月間
【請求先・開示場所】公益財団法人滋賀県文化財保護協会事務局
(注)土曜日、日曜日、国民の休日に関する法律に規定する休日および12月29日から
1月3日までを除き、午前9時から午後4時45分まで

5.試験合格から採用まで
(1) 試験合格者は、採用内定とし、平成30年(2018年)8月中旬(予定)に健康診断書を提出していただきます。
(2) 大学の学位を所定の日までにこれを取得できない場合は、合格(採用)の資格を失います。ただし、大学院修了見込み者で、所定の日までに大学院の学位が取得でない場合であっても、大学で考古学または歴史学もしくは文化財学を専攻した者および埋蔵文化財の発掘調査に関する専門的知識、経験を有する者は除きます。
(3) 申込書の記載事項に不正があることが判明した場合には、合格(採用)の資格を失います。また、採用後に不正が判明した場合は懲戒免職とします。

6.給 与 等
(1) 給料は、理事長が別に定める額とします(4年制大学新卒者の給料は、181,245円、地域手当を含む、平成30年(2018年)4月1日現在)。
(2) 諸手当は、「公益財団法人滋賀県文化財保護協会雇用期間付職員の雇用に関する規程」
に定める規定により、扶養手当、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当および退職手当
等が支給されます。
(3) 休日は、土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)。ただし、県立安土城考古博物館または館内にある事務局調査課安土分室に勤務する場合は、月曜日(祝日法による休日である場合を除く。)および理事長が職員ごとに定める1週につき1日を「勤務を要しない日」とします。

7.受験手続および受付期間
【手続方法】
① 採用試験申込書(様式1 本人の自筆により記入し写真を貼ってください。
なお、学歴等の記入欄が足りない場合は、別途作成し添付してください。)
②発掘調査・整理調査実績一覧表(様式2)
③自己アピールおよび応募の動機(様式3)
④最終学校卒業(修了)証明書(1通)または卒業(修了)見込証明書(1通)
※上記①~③については、当協会のホームページからダウンロードできます。 (http://www.shiga-bunkazai.jp/)
上記①~④の書類は申込先に持参または郵送してください。
〇持参の場合
受付時間は、月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分の間です(7月16日(祝・海の日。)。
〇郵送の場合
7月23日(月)までに到着したものに限り受付けます。封筒の表に「採用試験申込」と朱書きし、必ず簡易書留により送付してください。
【申 込 先】
〒520-2122 大津市瀬田南大萱町1732-2
公益財団法人滋賀県文化財保護協会 総務企画課
TEL 077-548-9780 FAX 077-543-1525
※持参の場合は持参時に、郵送の場合は電話にて受験番号等をお伝えしますので、「採用試験申込書」の緊急連絡先に必ず携帯番号等を明記してください。
※受験に際しての提出書類は、原則返却いたしません(希望者は返却いたします。)。
※写真(縦4.5㎝×横4㎝、上半身無帽、正面、申込み3ヶ月以内に撮影したもの)は、上記の受験申込書に貼って提出してください。

8.その他
・試験会場内での喫煙および試験中の携帯電話の使用は禁止します。
・この試験についての問い合わせは、公益財団法人滋賀県文化財保護協会総務企画課にしてください(月~金曜日の午前8時0分~午後5時15分の間)。

カテゴリー: お知らせ, 求人   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。