栗東市蜂屋遺跡現地説明会(2018.11.3)配布資料

DSC_0080
滋賀県教育委員会・公益財団法人滋賀県文化財保護協会では平成30年4月から、滋賀県南部土木事務所河川砂防課の依頼により蜂屋遺跡の発掘調査を実施しています。
発掘調査の結果、飛鳥時代後半(白鳳期=7世紀後半頃)の寺院跡に関わる遺構を発見しました。発見された遺構は、寺域を区画する溝跡と見られ、溝跡からは法隆寺式軒瓦等が多量に出土したことから、この地に法隆寺と深い関係をもつ古代寺院跡の存在が推測されます。
 今回の発掘調査において、こうした寺院跡の存在を示唆する具体的な資料がはじめて得られた意義は大きいと考えられます。
なお、この調査成果を広く公開するために11月3日に現地説明会を実施しました。

※平成30年11月3日に実施された現地説明会の配布資料は資料は下記よりダウンロードすることができます。

◆蜂屋遺跡地元説明会(2018.10.21)配布資料(約
PDF:1.2MB)

カテゴリー: お知らせ, ダウンロード, 現説資料   タグ: , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。