滋賀リビングカルチャー倶楽部連携企画『近江歴史探訪-文化財からみた近江の歴史』

滋賀リビングカルチャー倶楽部と連携で開催する連続講座のお知らせです。

大津閘門(神保)

大津閘門(4/12講座)

当協会の誇る歴史、文化財の専門家がさまざまな切り口で文化財からみた近江の歴史を楽しく、わかりやすく解説します。妻子の調査成果や研究成果をふんだんに盛り込んだ話を展開します。歴史好きの人はもちろん、そうでない人も楽しめること間違いなし!みなさんのお越しをお待ちしています。

開講日時:毎月第2・4木曜日  13:30~15:00

会場:滋賀リビングカルチャー倶楽部 草津駅前会場(草津市大路1-1-1エルティ932・3階)

受講料:3ヶ月6回 12,960円  1ヶ月2回 4,320円

申し込み・問い合わせ先:滋賀リビングカルチャー倶楽部 草津駅前会場 0120-627-077

内容
◆4月 琵琶湖を中心に近江を俯瞰する①  終了しました
4/12 「江戸・明治の水運計画-琵琶湖疏水」 神保忠宏
4/26 「琵琶湖運河計画」 辻川哲朗

◆5月 琵琶湖を中心に近江を俯瞰する② 終了しました
5/10 「古代の琵琶湖水運の姿」 堀真人
5/24 「北陸と都を繋ぐ道-北陸の玄関口塩津」 横田洋三

塩津の港イメージ(横田)

塩津港のイメージ(5/24の講座)

◆6月 職人の流儀-モノづくりからみた近江①
6/14 「縄文の”ミニチュア”文化」 鈴木康二
6/28 「近世石造物から地域の歴史を探る」 田井中洋介

◆7月 職人の流儀-モノづくりからみた近江②
7/12 「古代の瓦からみた近江」 北村圭弘
7/26 「中世の瓦からみた近江」 山口誠司

◆8月 「移動」から歴史をみる
8/9 「暮らしを変えた縄文人の丸木舟」 瀬口眞司
8/23 「移動からみた古代の山の生活」 重田勉

◆9月 戦略と城郭
9/13 「佐和山城から彦根城」 小島孝修
9/27 「城郭に込めた武家の統合戦略」 大沼芳幸

◆10月 城郭を読み解く
10/11 「城郭化された寺院-湖西の山寺」 小林裕季
10/25 「安土城はなぜ再建されないのか?」 高木叙子

◆11月 人の姿-古代の人物造形
11/8 「古代の人物造形」 福西貴彦
11/22 「いにしえびとの衣」 小竹志織

◆12月 かみの世界①
12/6 「神様の使い―馬・鹿・狐」 山下立
12/13 「神と仏が織りなす美-神道曼荼羅の世界」 渡邊勇祐

◆1月 かみの世界②
1/10 「古代の神社の姿-神社遺構から読み解く」 内田保之
1/24 「むらの祈りの世界-勧進祭より」 吉田秀則

◆2月 かみの世界③
2/14 「墓とまつり-石を使う縄文のまつり」 中村健二
2/28 「琴のまつり-出土琴からまつりを復元する」 中川治美

◆3月 食生活からみた生活史
3/14 「食器から探る江戸時代の食生活」 田中咲子
3/28 「原始・古代の近江の調理史」 阿刀弘史

カテゴリー: お知らせ, イベント案内, 連続講座   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。