紀要 第23号(2010.3) 【在庫有】

紀要23-表紙黄色-2

紀要第23号

公益財団法人滋賀県文化財保護協会 2010年3月
価格:1000円 → 600円(値下げしました)
送料:82円(1冊のみ注文の場合)





タイトル 執筆者 ページ数
安土山・繖山周辺の埴輪 辻川哲朗 9
愛発関と北陸道
-奈良時代のルートを巡って-
内田保之 3
近江国滋賀郡瀬田川西岸における古代道路の復元
-保良宮とその周辺遺跡をめぐって-
小松葉子 18
煎茶文化と湖東焼 木下義信 13
天井川の生い立ちを考える その2
―天井川の目的と機能―
重田 勉 6
フナズシに対する琵琶湖文化史的考察
―「湖中他界」序説として―
大沼芳幸 10
赤外線デジタルカメラによる木簡調査法 中川正人 11
【小特集】普及・活用・体験学習の「現場」から
もう一つの現場「整理調査」からの情報発信
―整理作業室公開事業・整理調査成果報告会「あの遺跡は今!」の歩みと検証―
小竹森直子 9
「広げる」ための文化財活用事業の必要性と課題
―いま必要な努力は何か?―
瀬口眞司 13
実りの秋の考古学体験学習を終えて
―平成21年度滋賀県埋蔵文化財センター体験学習より―
具志堅由紀 6
カテゴリー: 紀要   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。