紀要 第30号(2017.3)【在庫有】

30号本文アウトライン.indd

紀要 第30号

公益財団法人滋賀県文化財保護協会 2017年3月
価格:1200円
送料:82円(1冊のみ注文の場合)





タイトル 執筆者
縄文時代初頭の移動とルートについて (重田勉)
近江地域のカマド形土器
-渡来系集団の動向把握にむけて-
(辻川哲朗)
出土文字資料に近江の古代史を求めて
-付表「滋賀県下の発掘調査で検出した地震跡」-
(濱修)
正倉院文書に見える三雲寺の所在地について (小松葉子)
奈良時代の地域開発と神社社殿
-蒲生野・金貝遺跡の調査成果から-
(中村智孝)
近江における瓦器の基礎的研究 (堀真人)
安土城の空間特性
-安土城は神社だ-
(大沼芳幸)
高島郡における山城の築城画期 (小林裕季)
将棋史研究ノート8
-歩兵の存在感
(三宅弘)
研究ノート 近代化の痕跡
-彦根市松原内湖遺跡の鉄道遺構・遺物-
(小島孝修)
琵琶湖地域における人と森の相互関係史の解明に向けて
-滋賀県の遺跡における古生態学データの集成-
(林竜馬・佐々木尚子・瀬口眞司)
カテゴリー: お知らせ, 刊行物, 紀要   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。