紀要 第8号(1995.3) ☆

タイトル 執筆者 ページ数
近江へのアプローチ・その2 神崎郡編 近江歴史クラブ 2
  1.愛知川左岸域の開発と水利 佐野静代 3
  2.後期古墳 細川修平 2
  3.丸山1号墳出土土師質陶棺について 中村智孝 3
  4.古墳時代の鍛治工房 大道和人 4
  5.古代の集落 畑中英二 3
  6.建物遺構 神保忠宏 4
  7.古代寺院―軒丸瓦の文様から― 重岡 卓 4
  8.郷(里) 内田保之 3
  まとめにかえて 3
日本古代国家形成史論に関する諸前提
―研究ノートあるいは覚書その1―
芝池信幸 12
春日山古墳群分布調査報告 岩橋隆浩
大崎康文
工藤基志
高橋あかね
27
6世紀代における木棺直葬墳の副葬・供献について
―葬送習俗としての「主体部内容器埋納」にみる「畿内型横穴式石室」との関係を中心に―
畑中英二 13
高島郡における製鉄の問題から
―6世紀を考えるための序章―
細川修平 9
湖南地域の異方位地割と古代の建物方位 田井中洋介 13
木炭窯の形態から見た古代鉄生産の系譜と展開に関する予察
―滋賀県瀬田丘陵の事例を中心に―
大道和人 15
赤野井湾遺跡出土の鋤 阿刀弘史 5
カテゴリー: 紀要   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。