調査員のオススメの逸品 夏休みの自由研究企画⑥ 山中で眠っていた牛乳瓶/椿谷遺跡の出土品

写真2

 発掘調査といえば、はるか昔の時代をさぐる、という印象が強いかもしれません。しかし、今回は大正時代に操業したと考えられる石切場からみつかった牛乳瓶についてお話しします。  牛乳瓶がみつかった椿谷遺跡は、大津市の田上山山中 […]Continue reading «調査員のオススメの逸品 夏休みの自由研究企画⑥ 山中で眠っていた牛乳瓶/椿谷遺跡の出土品»

調査員のオススメの逸品 夏休みの自由研究企画⑤ 誰がために鏑矢(かぶらや)は鳴る?―福満遺跡出土の鉄鏃―

2 河川から出土した雁又式の鉄鏃

今回は「あの遺跡は今!Part25」+「レトロ・レトロの展覧会2018」の目玉展示のひとつ、福満遺跡からの出土品を紹介します。福満遺跡は彦根市域の南東部、南彦根駅から徒歩5分ほどのところに所在します。平成29年度から発掘 […]Continue reading «調査員のオススメの逸品 夏休みの自由研究企画⑤ 誰がために鏑矢(かぶらや)は鳴る?―福満遺跡出土の鉄鏃―»

調査員のオススメの逸品 夏休みの自由研究企画➃ 戦国の権力の象徴:桐紋の金具―彦根市佐和山城跡出土―

写真1 桐文金具

今回は彦根市に所在する佐和山城跡の出土遺物についてご紹介し、そのあと、現地探訪へお誘いします。この夏休みのお天気の良い日、カメラやスマホを片手に家族で訪ねて、もしよろしければ夏休みの自由研究などにも仕立ててみてください。 […]Continue reading «調査員のオススメの逸品 夏休みの自由研究企画➃ 戦国の権力の象徴:桐紋の金具―彦根市佐和山城跡出土―»

調査員のオススメの逸品 夏休みの自由研究企画➂ 弓矢の復元実験 

1.採取してきたイヌガヤ。 枝ではありません。どの幹も曲がっています。

縄文時代の弓矢の復元実験をしています。弓は丸木弓、ヤジリは石鏃です。さて、どうなることやら。 1.弓 現在の和弓は竹を張り合わせて作られていますが、縄文時代の弓は丸木弓です。直径3~4㎝の小径の丸木です。そして材は「イヌ […]Continue reading «調査員のオススメの逸品 夏休みの自由研究企画➂ 弓矢の復元実験 »

調査員のオススメの逸品 夏休みの自由研究企画② 江戸時代の風流人‐大津廃寺跡出土の陶器‐

写真4 珍しい文様のある陶器の鉢

今回は、第221回でも取り上げた滋賀県庁前にある大津廃寺跡の調査で出土した、江戸時代の一風変わった陶器についてご紹介します(遺跡の概要については第221回を併せてご参照ください)。 平成29年度に実施した大津廃寺跡での大 […]Continue reading «調査員のオススメの逸品 夏休みの自由研究企画② 江戸時代の風流人‐大津廃寺跡出土の陶器‐»

調査員のオススメの逸品 夏休みの自由研究企画① 東洋伝統の秘技で〈文様〉を写し取れ! 墨を使ったコピーのワザと道具-拓本道具の三種の神器(画仙紙・墨・タンポ)-  

⑤拓本完成

今回は夏休みの自由研究の準備企画第1弾として、東洋伝統の秘技をご紹介します。その名も拓本!墨を使ったコピーのワザです。その時に使う三種の神器ともいえる道具が「画仙紙・墨・タンポ」の3つ。これを使って、〈文様〉を写し取って […]Continue reading «調査員のオススメの逸品 夏休みの自由研究企画① 東洋伝統の秘技で〈文様〉を写し取れ! 墨を使ったコピーのワザと道具-拓本道具の三種の神器(画仙紙・墨・タンポ)-  »

新近江名所圖會 第275回 パーソナルシリーズ 宿る処 参の出会い 木花開耶姫の桜 高島市今津町阿志都弥神社境内

3. 阿志都弥神社と山桜

JR今津駅の北東、自衛隊の施設が建ち並ぶ側に、見事な森が広がり、その一部は「宮の森公園」として整備され、地元の人達の恰好の散策場所になっています。何故宮の森?それは、阿志都弥神社・行過天満宮の鎮守林を取り込んでいるからで […]Continue reading «新近江名所圖會 第275回 パーソナルシリーズ 宿る処 参の出会い 木花開耶姫の桜 高島市今津町阿志都弥神社境内»

調査員のオススメの逸品 第232回 地域の歴史が早わかり/夏休みの自由研究にも使えるぞ!-『滋賀県の地名』(日本歴史地名大系25)-

滋賀県の地名

わたしたちが行う発掘調査は現地での作業がメインとなりますが、現地調査が本格的に始まる前に様々な下調べを行います。調査対象となる遺跡周辺の歴史的環境を調べておくことで、見つかった遺構・遺物の解釈や評価に大きく役立つことがあ […]Continue reading «調査員のオススメの逸品 第232回 地域の歴史が早わかり/夏休みの自由研究にも使えるぞ!-『滋賀県の地名』(日本歴史地名大系25)-»

新近江名所圖會 第274回 パーソナルシリーズ 宿る処 弐の出会い 癌封じの欅 東近江市五個荘町伊野部 建部神社境内

癌封じのお祈り

東近江市五箇荘エリアは近江商人の街として知られています。何故、近江商人が生まれたのか?色々と理由がありますが、この地域は実は、余り水に恵まれないところでした。そばを愛知川が流れているのに? 実は愛知川は、永源寺の谷合を流 […]Continue reading «新近江名所圖會 第274回 パーソナルシリーズ 宿る処 弐の出会い 癌封じの欅 東近江市五個荘町伊野部 建部神社境内»

新近江名所圖會 第273回 「現代の桃源郷-MIHOミュージアム」

(写真1)桜並木

 MIHOミュージアムは、平成9年に開館した美術館です。美術館なのですが、平成22年に「古陶の譜 中世のやきもの 六古窯とその周辺」や平成24年に「土偶・コスモ」と考古学を学ぶものとしても非常に興味深い展示も行われていま […]Continue reading «新近江名所圖會 第273回 「現代の桃源郷-MIHOミュージアム」»

1 / 5212345...102030...最後 »