『調査員のおすすめの逸品』は、芸歴○○年を誇る調査員がこれをぜひ皆様に知ってもらいたいという豪華な一品?を取り上げ、それにまつわるエピソードをまじえながら紹介をしていきます。毎月2回、隔週の掲載を予定しています。

調査員オススメの逸品 第217回 天文の理に精通せよ!―発掘調査のみちしるべ“気象レーダー”―

雨雲接近中!(気象庁HPより)

 わたしたちが発掘調査を行う際に、日々最も気を使っているのが、発掘調査現場の天候でしょう。荒天の際には、危険が伴うこともあるために、現場での作業は中止せざるを得ません。そのため、毎朝さまざまなメディアの天気予報をチェック […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第217回 天文の理に精通せよ!―発掘調査のみちしるべ“気象レーダー”―»

調査員オススメの逸品 第216回 過去と現代 しじみが語る人間と貝の深い関係

IMGP0002

 島根県の宍道湖と共に滋賀県の琵琶湖は日本でも有数のシジミの産地です。琵琶湖のセタシジミは、その名の通り、すでに約7000~6500前の縄文時代早期末から瀬田川周辺で捕獲されています。瀬田川の畔に築かれた石山貝塚は日本最 […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第216回 過去と現代 しじみが語る人間と貝の深い関係»

調査員オススメの逸品 第215回 ひっくり返したら「神功開寶(じんぐうかいほう)」!

神功開寶・切抜きIMG_0072

 2017年5月――つい最近出会った逸品です。法養寺遺跡・横関遺跡(犬上郡甲良町)を発掘調査していたときのこと。同遺跡は、滋賀県東部を流れ琵琶湖に注ぐ一級河川犬上川の左岸扇状地に位置します。周辺には昭和50年代後半から行 […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第215回 ひっくり返したら「神功開寶(じんぐうかいほう)」!»

調査員オススメの逸品 第214回 土の下の「超状態」

写真3 ハエの蛹

 写真1は骨で作られた笄(こうがい)です。髷(まげ)を留めるために使われた整髪具です。1000年ほど前のもので、長浜市の塩津港遺跡から出土しました。  珍しい遺物ですが、骨製品自体が発掘調査で出土することが珍しいのです。 […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第214回 土の下の「超状態」»

調査員オススメの逸品 第213回 世界遺産級食材「琵琶湖八珍」

琵琶湖八珍の魚達

 筆者が安土城考古博物館に在籍している時、博物館周辺で活動をしている方々や、琵琶湖に関連する企業の方々と語らい、食を通して琵琶湖の魅力を発信するために「琵琶湖八珍」なるブランドを提案しました。  「琵琶湖八珍」とは、食材 […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第213回 世界遺産級食材「琵琶湖八珍」»

調査員オススメの逸品 第212回 結界せよ!災厄から集落を守る聖なるお札・巻数板

写真1 松原内湖遺跡出土巻数板 赤外線写真

 今回ご紹介する逸品は、彦根市松原内湖遺跡で出土した「巻数板(かんじょういた)」です。鎌倉時代末のもので、平成26年度の調査で出土しました(写真1)。  毎年の正月の初めに修正会(しゅうしょうえ)と呼ばれる法会が寺院など […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第212回 結界せよ!災厄から集落を守る聖なるお札・巻数板»

調査員オススメの逸品 第211回 石匙(いしさじ)―さて、何のための道具でしょう?―

早期石匙DSC_0146

 「いしさじ」、この言葉を聞いて、そもそも皆さんは何をイメージされるでしょうか。「いし」の「さじ」?石でできたスプーン?・・これが実は縄文時代の石器、石を素材に作られた道具の名称のひとつだということをご存知の方は、果たし […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第211回 石匙(いしさじ)―さて、何のための道具でしょう?―»

調査員オススメの逸品 第210回 堤防からみつかったキセル~東近江市土位遺跡

土位遺跡でみつかった石積護岸遺構 

 土位遺跡は、愛知川扇状地に位置する平安時代ごろの集落遺跡です(土位遺跡の位置は、オススメの逸品第175回「土地条件図」に掲載しています)。近くには「延喜式」式内社のひとつに比定されている川桁御河辺神社(かわけたみかべじ […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第210回 堤防からみつかったキセル~東近江市土位遺跡»

調査員オススメの逸品 第209回 青春カメラから中高年の相棒へ オリンパスOM-3とOM-3Ti その3

その1 写真

 前回の続き。写真の世界にもデジタル化の波が押し寄せてきた。高性能デジタル一眼レフカメラの台頭により、フィルムカメラは消滅の危機に陥る・・・。良いモノには何物にも変え難い魅力がある。30年の時を経て繰り返される、「カメラ […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第209回 青春カメラから中高年の相棒へ オリンパスOM-3とOM-3Ti その3»

調査員オススメの逸品 第208回 青春カメラから中高年の相棒へ オリンパスOM-3とOM-3Ti その2

その1 写真

 前回の続き。名機OM-3を手にした山下青年とOM-3のカメラ・ライフが幕を開ける。 【一眼レフカメラの進化とOM-3】  OM-3のマルチスポットによって、初めて写真の面白さが分かったような気がした。スポット測光は、表 […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第208回 青春カメラから中高年の相棒へ オリンパスOM-3とOM-3Ti その2»

1 / 2212345...1020...最後 »