『調査員のおすすめの逸品』は、芸歴○○年を誇る調査員がこれをぜひ皆様に知ってもらいたいという豪華な一品?を取り上げ、それにまつわるエピソードをまじえながら紹介をしていきます。毎月2回、隔週の掲載を予定しています。

調査員オススメの逸品 第201回「琵琶湖文化館の展覧会ポスター」

ippinn

 昭和36年(1961)に開館した琵琶湖文化館は、平成32年(2020)に大津市瀬田にオープン予定の新たな美術館へ、収蔵品とともにこれまで今まで果たしてきた役割・機能を引き継ぐこととなっており、現在は移転のための準備事業 […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第201回「琵琶湖文化館の展覧会ポスター」»

調査員オススメの逸品 第200回 土製人形(ひとがた)の謎-守山市赤野井湾遺跡出土品 

 守山市赤野井湾遺跡では琵琶湖の湖岸近くの現在の水面下約2m付近にあります。そこから古墳時代の川跡が見つかり、岸辺や周辺から水辺の祭祀に関係するいくつかの遺物が出土しました。土製人形(ひとがた)のほか、土鈴、土玉、小型丸 […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第200回 土製人形(ひとがた)の謎-守山市赤野井湾遺跡出土品 »

ないものは自分で作れ!-自作スチーマーの話 後編-

スチーマーmkⅡ

 職場の倉庫や自宅に転がってるもので作ったスチーマーのプロトタイプ開発から5か月後、スチーマー量産の経費が出してもらえることになりました。その前に、市販のスチーマーが使えるなら使った方がいいんじゃないの?って話もあったの […]Continue reading «ないものは自分で作れ!-自作スチーマーの話 後編-»

調査員オススメの逸品 第199回 古代冶金学の一大成果-甲賀市鍛冶屋敷遺跡出土炉壁

 今回、紹介する逸品は、鍛冶屋敷遺跡から出土した銅精錬炉の炉壁(1)(2)(3)です。これらの炉壁は平成19年(2007)に滋賀県指定文化財に指定されています。出土した地点は、平成22年(2010)年5月に、国史跡に指定 […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第199回 古代冶金学の一大成果-甲賀市鍛冶屋敷遺跡出土炉壁»

調査員オススメの逸品 第198回 井戸に埋められた犂(からすき)の謎-草津市中畑遺跡出土犂

 犂とは牛馬に引かせて田畑を耕す農具のことです。トラクターが普及する昭和30年代以前には全国で広く使用されていました。  今から20数年前のことになりますが、草津市の中畑遺跡で井戸を掘っていたときに、平安時代の犂が出土し […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第198回 井戸に埋められた犂(からすき)の謎-草津市中畑遺跡出土犂»

調査員オススメの逸品 第197回 明治のかおり漂う小学校建築-旧柳原学校校舎― 

 滋賀県立安土城考古博物館の所在する近江八幡市には、有名なウィリアム・メレル・ヴォーリスの建築をはじめ、多くの明治・大正・昭和期に建てられた近代建築があります。そして、安土城考古博物館の敷地内にも、明治時代初期の小学校が […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第197回 明治のかおり漂う小学校建築-旧柳原学校校舎― »

調査員オススメの逸品 第196回 今に続く、古代の防水技術-槇皮(マイハダ)

img_0193

 今回、紹介する一品は「槇皮」です。この字面だけをみてすらっと読めたあなたは、これが何かご存知でしょう。しかし、そのような人はほとんどいないのではないでしょうか。「マイハダ」または「マキハダ」と読みます。読みはこれで良い […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第196回 今に続く、古代の防水技術-槇皮(マイハダ)»

調査員オススメの逸品 第195回 ブロック・ダイアグラム~地形図を立体的に表現する図法 

 最近では、国土地理院の数値地図をはじめとするデジタル地形図や作成ソフトウェアの発達によって、簡単に鳥瞰図を作成することができます。しかし、かつて鳥瞰図の作図はすべて手作業でおこなっていました。特に地形図から描き起こす「 […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第195回 ブロック・ダイアグラム~地形図を立体的に表現する図法 »

調査員オススメの逸品 第194回 甕の内外に線刻された「井」の記号-関津城出土備前焼大甕

 琵琶湖から唯一流れ出る瀬田川は、南郷の洗堰を越えたあたりで川幅が狭くなり、西に曲がって山中を流れていきます。川幅が狭くなったあたりの左岸側には関津峠があり、古来旅人は大和(奈良)から山背国(山城国)を経て、この峠を越え […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第194回 甕の内外に線刻された「井」の記号-関津城出土備前焼大甕»

調査員オススメの逸品 第193回 幻の逸品or迷品!勘違いの「なんちゃって丸木舟」-東近江市蛭子田遺跡出土品

 この連載では、私たち調査員がこれまでに出会ってきた名品・逸品を紹介しています。私自身、発掘調査現場をはじめ様々な場所で「これは!」と思えるようなものを目にしてきました。ですが、時には「これは逸品か!?」と思いきや…とい […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第193回 幻の逸品or迷品!勘違いの「なんちゃって丸木舟」-東近江市蛭子田遺跡出土品»