江戸時代に盛んに刊行された『名所図会』は、寺社・旧跡・地名・景勝地などの由来や来歴の解説と、景色を描いた挿絵からなる案内地誌です。
『新近江名所図会』は現代版『名所図会』をめざし、定番のスポットから知る人ぞ知る隠れたスポットを、おすすめPointを交えながら紹介していきます。
江戸時代さながら、滋賀の名所に足を運んでみては!

新近江名所圖會 第273回 「現代の桃源郷-MIHOミュージアム」

(写真1)桜並木

 MIHOミュージアムは、平成9年に開館した美術館です。美術館なのですが、平成22年に「古陶の譜 中世のやきもの 六古窯とその周辺」や平成24年に「土偶・コスモ」と考古学を学ぶものとしても非常に興味深い展示も行われていま […]Continue reading «新近江名所圖會 第273回 「現代の桃源郷-MIHOミュージアム」»

新近江名所圖會 第272回 【パーソナルシリーズ 宿る処】 壱の出会い 「小石丸を呼ぶ木 多賀町大瀧神社境内」

スキャン_20171205

 筆者はもうかれこれ60年以上も人間をやっています。そろそろ飽きてきました。人間をやめて次を目指すとすれば、鬼か神しか思い浮かびません。どちらかというと鬼に魅力を感じるのですが、もう数年は勤めを果たさなければならないので […]Continue reading «新近江名所圖會 第272回 【パーソナルシリーズ 宿る処】 壱の出会い 「小石丸を呼ぶ木 多賀町大瀧神社境内」»

新近江名所圖會 第271回 羽衣伝説の残る神秘の湖・余呉湖~北近江の密やかな愉しみ~

写真2

   滋賀県の北東部にあるJR米原駅から北陸本線に乗り換えて福井県敦賀方面に向かうと、8つ目が余呉駅だ。ホームから改札へは線路を渡っていく。周囲は昼間はひたすらのどかな景色なのであるが、陽が落ちて宵口には途端に幻想的な空 […]Continue reading «新近江名所圖會 第271回 羽衣伝説の残る神秘の湖・余呉湖~北近江の密やかな愉しみ~»

新近江名所圖會 第270回 滋賀県立安土城考古博物館のパワースポット

DSC_0018

 私は平成29年4月から滋賀県立安土城考古博物館で勤務しています。初めての学芸員としての勤務で、最初は戸惑いもありました。しかし文化財を守るという意味では、発掘現場と同じように最前線の仕事ですので、とてもやりがいのあるも […]Continue reading «新近江名所圖會 第270回 滋賀県立安土城考古博物館のパワースポット»

近江名所圖会 第269回 過去と現在をつなぐもの-巻数板と祈祷板-

写真2

正月行事の勧請吊については、すでに第181回の新近江名所圖会で紹介されています。その中でその起源が鎌倉時代頃にある点が述べられています。応永十四年(1407年)成立の説話集『三国伝記(さんごくでんき)』に石山寺の如意観音 […]Continue reading «近江名所圖会 第269回 過去と現在をつなぐもの-巻数板と祈祷板-»

新近江名所圖會 第268回 扇状地の宿命か!?水不足と戦ったひとびとの足跡「一ノ井堰之碑」

一ノ井堰之碑

 滋賀県は、豊かな水源に恵まれ、発展の途を歩んできました。その中心となるのはもちろん琵琶湖ですが、昨今では湖に注ぐ河川とそれを巡る町並みの美しさが評価された自治体もあります。  滋賀県の湖東地域に所在する甲良町は、「心か […]Continue reading «新近江名所圖會 第268回 扇状地の宿命か!?水不足と戦ったひとびとの足跡「一ノ井堰之碑」»

新近江名所圖會 第267回 木地師の聖地-東近江市蛭谷・君ケ畑

大皇器地祖神社DSCN1982

《蛭谷と君ケ畑》9  名神八日市インターから東へ愛知川上流に向けて約20㎞、奥永源寺小椋谷のなかでも最奥部に位置する蛭谷・君ケ畑は山あいの小集落です。まさに隠れ里の風情を漂わせた秘境めいたところですが、ここは全国の木地師 […]Continue reading «新近江名所圖會 第267回 木地師の聖地-東近江市蛭谷・君ケ畑»

新近江名所圖會 第266回 蜂屋集落の心のより所―宇和宮神社―(栗東市蜂屋)

写真3 蜂屋古墳上の本殿

 当協会では、滋賀県南部土木事務所河川砂防課からの依頼により、中ノ井川広域河川改修工事に伴う蜂屋遺跡の発掘調査を今年(平成29年)1月から実施していて、私は担当者の1人としてこの発掘調査に従事しています。蜂屋集落は栗東市 […]Continue reading «新近江名所圖會 第266回 蜂屋集落の心のより所―宇和宮神社―(栗東市蜂屋)»

新近江名所圖會 第265回 石山観光会館―石山貝塚の「貝層剥ぎ取り断面」が観られる現地の施設―

200803140909000

 瀬田川の川辺、伽藍山の南麓に位置する石山寺、その石山寺の山門前にある駐車場の地下には、縄文時代の貝塚が眠っていることは、このシリーズでも何度かお伝えしてきました(第10回・第122回)。今からおよそ8,000年ぐらい前 […]Continue reading «新近江名所圖會 第265回 石山観光会館―石山貝塚の「貝層剥ぎ取り断面」が観られる現地の施設―»

新近江名所圖會 第264回 信長がムリヤリ安土に招致した寺院~浄厳院~

浄厳院楼門 (640x480)

 織田信長は一般に、「仏教を弾圧しキリスト教を保護した」イメージを持たれているようです。確かに、延暦寺焼討や一向一揆の虐殺は事実ですが、実はその何十倍もの寺社を保護し、安全や権利を守っていたことは、あまり知られていません […]Continue reading «新近江名所圖會 第264回 信長がムリヤリ安土に招致した寺院~浄厳院~»

1 / 2812345...1020...最後 »