: 保存処理

塩津港遺跡出土の船板の保存処理終了!期間限定で公開します。(終了しました)

補填

 本事業は終了いたしました  長浜市の塩津港遺跡の発掘調査で出土しました船材の保存処理が終了しましたので期間公開いたします。  船板は平成27年(2015)に出土したものです。平安時代後期のもので日本最古の「板作りの構造 […]Continue reading «塩津港遺跡出土の船板の保存処理終了!期間限定で公開します。(終了しました)»

おうみ文化財通信 vol.35 2018 Spring

23号1・4p OL

平成30年4月1日刊行  ・【調査速報】長浜市西浅井町塩津港出土品「船材の保存処理終了、公開に向けて」  ・【募集】ダイレクトメールのご案内   【イベント案内】2018びわこ文化公園 みどりのつどいフェステバル「古代体 […]Continue reading «おうみ文化財通信 vol.35 2018 Spring»

調査員オススメの逸品 第226回 ないものは自分で作れ!-自作スチーマーの話 後編-

スチーマーmkⅡ

 職場の倉庫や自宅に転がってるもので作ったスチーマーのプロトタイプ開発から5か月後、スチーマー量産の経費が出してもらえることになりました。その前に、市販のスチーマーが使えるなら使った方がいいんじゃないの?って話もあったの […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第226回 ないものは自分で作れ!-自作スチーマーの話 後編-»

調査員オススメの逸品 第222回 ないものは自分で作れ!―自作スチーマーの話 前編―

スチーマープロトタイプ

 みなさんこんにちは。私たちの仕事は、外で汗流して泥だらけになりながら発掘調査するだけではありません。発掘調査で出土した土器や木器を整理して、発掘調査報告書にまとめ、刊行する仕事があります。報告書の刊行をもって発掘調査は […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第222回 ないものは自分で作れ!―自作スチーマーの話 前編―»

調査員オススメの逸品 第214回 土の下の「超状態」

写真3 ハエの蛹

 写真1は骨で作られた笄(こうがい)です。髷(まげ)を留めるために使われた整髪具です。1000年ほど前のもので、長浜市の塩津港遺跡から出土しました。  珍しい遺物ですが、骨製品自体が発掘調査で出土することが珍しいのです。 […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第214回 土の下の「超状態」»

ないものは自分で作れ!-自作スチーマーの話 後編-

スチーマーmkⅡ

 職場の倉庫や自宅に転がってるもので作ったスチーマーのプロトタイプ開発から5か月後、スチーマー量産の経費が出してもらえることになりました。その前に、市販のスチーマーが使えるなら使った方がいいんじゃないの?って話もあったの […]Continue reading «ないものは自分で作れ!-自作スチーマーの話 後編-»

紀要 第24号(2011.3) ☆

24

紀要第24号 公益財団法人滋賀文化財保護協会 2011年3月 タイトル 執筆者 【小特集】東近江市相谷熊原遺跡をめぐって-縄文時代草創期の遺構と遺物 「矢柄研磨器」雑考-相谷熊原遺跡を理解するために- 松室 孝樹 鈴鹿山 […]Continue reading «紀要 第24号(2011.3) ☆»